がんにならないと決めた日

ぼくの父親は、胃がんと肝臓がんで亡くなってしまいました。生涯で「がん」になる確率は、2人に1人と言われるほど高いのです。これからの時代を健康に生き抜くには、がんにならない活動(がん活)をすることが、とても重要だと考えます。

記事一覧

ファスティング(断食)で腫瘍が消えた女性の話

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s
 
ファスティングが健康にいいのは僕も知っていますし、テレビでもよく取り上げられています。しかし、腫瘍との関わりは今まで聞いたことありませんでした。

今回は、ファスティングをして腫瘍が消えてしまった女性の、本当の話にふれてみたいと思います。

よくある、医師が抗がん剤で「がん」が消えたとゆうような胡散臭い情報ではなく、実際に自分がファスティングに取り組んで、腫瘍が消えた経験を生の声で講演してくれている動画です。

ネットで調べてみるとファスティングで末期がんが完治した事例などもありますし、実体験をもとに講演してくれているので説得力がハンパないです。
 

» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ

松方弘樹さんの脳リンパ腫が全身に転移する理由

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

脳腫瘍と疑われていた松方弘樹さんですが、精密検査のけっか「脳リンパ腫」であることが判明したようです。

脳リンパ腫もいわゆる脳内にできる「がん」ですが、10万人に1人ぐらいしかならない珍しい「がん」であることも確かです。

また、非常に転移する可能性が高いとも言われているので、最悪の場合は全身に「がん」が転移するようなこともあると書かれていました。

脳にはリンパ系の組織がないのにも関わらず、どうしてリンパ腫になるのか?不明な点もありますし、まだまだ原因が解明されていないのが現状のようです。


» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ

全身がんと宣告された樹木希林が克服した治療法

be2df5fec6503f0b70a62570ad734b4a_s
 
 そういえば昔、「全身がん」と言っていた樹木希林さんはどうなっているのか? と思いまして少し調べてみました。

全身が「がん」と言っていたのは知っていたんですが、あまりに元気だったので当時は冗談だと思っていました。しかし、どうやらそれは本当でオマケに克服までしていたのだそうです。

がんが消えたとゆうような嘘のような本当の話もあるのですが、樹木希林さんの場合は消えたとゆうより消したとゆう方が正しいのではないでしょうか。

「全身がん」と宣告されても諦めることなく、前向きに努力してきた結果が克服に繋がったのだと思います。
 

» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ

松方弘樹さん悪性の脳腫瘍と診断され手術困難か?

ac81a73faff05acbc50fbd92dd3953cb_s
 
あの大物俳優の松方弘樹さんが脳腫瘍と診断され、しかも悪性とゆうことから数日前から話題になっています。

松方弘樹さんは、大物俳優でありながら釣り好きであることでも有名で、ときおり巨大なマグロを釣り上げてはニュースになることもありました。

そんな松方さんも既に73歳なので、脳腫瘍と診断されても不思議ではない年齢に達していますし、それが悪性とゆうことから心配ですね。

脳腫瘍は、いわゆる脳にできる「がん」ですから、それはもちろん命にかかわることですし、仮に命をとりとめたとしても、今までのように健康な体を維持できるかどうかは分かりません。

» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ

加熱不十分な肉はE型肝炎から肝がんへと進行する

ステーキ

B型やC型は昔から聞いたことがあるんですが、最近はどうもE型肝炎とゆうのが増えてきてるそうです。

増えてると言っても、日本の14年のE型肝炎感染者は約150人ですから、たいしたことがないと思うかも知れませんが、それが徐々に増えてきているのが少し気になりますね。

もちろん、E型の場合も最悪は「肝がん」へと進行する可能性もあるので、できるのであれば予防なども考えておきたいです。

C型肝炎は薬で治る時代になりましたが、E型肝炎には未だに特有の治療法はないのだそうです。しかし、予防することは出来ると思います。
 

» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ
 タグ

乳がんの予防は1日10グラム食物繊維を高校から

野菜

きょうは「乳がん」の予防について書こうと思いますが、意外にも若いころの食生活が影響することが明らかになりました。

早期発見が大切だと言われていますが、「がん」は発見される10~20年前(人にもよる)から徐々に大きくなってくるもので、がん細胞が小さいうちは検診で発見できないのです。

たとえば、40歳の女性が乳がんになったら、それはもしかすると20年前から既にあったかも知れないのです。

20年前は20歳ですから、予防するならそれ以前にしなければ意味がないとゆうことになりますよね。
 

» 記事の続きを読む

 関連記事
 カテゴリ
カテゴリー
アーカイブ