a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s
 
女優の希良梨(きらり)さんが、子宮頸がんを再発したことを自分のブログで報告したようです。

彼女は、2000年にも子宮頸がんを患っていて、今度は再発とゆうことだけど、今で35歳だから、そうとう若いころに子宮頸がんを患っていたことになる。

しかし、半年に一度は子宮頸癌の検診を受けていたとゆうから、今ならまだ早期発見の段階だろう。今度は、子宮を取る覚悟を決めたようだ。

「がん」を再発した彼女の心境は分からないけど、おそらく想定内だったかも知れない。また、結婚をして子供も産んでいる。
 

子宮を取れば子宮頸がんにはならない


 女性にとって子宮を取るとゆうのは、どんな心境なのだろう。男の僕にはわからないけど、おそらく悩んだ末の決断に違いないと思う。

ただ、これは命にかかわることなので、子宮を残すことで再発して命が危険にさらされる可能性もある。

そう考えると子宮を取る選択は賢いと思う。なぜなら、子宮がなければ「がん」になることはないからだ。

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーは、乳がんになる前に乳房を切除している。これからは、このような予防も必要なのかも知れない。
 

女優の希良梨はこんな人だった


 ぼくもテレビはよく見る方だけど、女優の希良梨って誰? と思いました。デビューは、1997年なのでベテランです。

しかし、デビュー後GTOとゆう反町隆史が主演するドラマに出演したことで話題になったものの、2000年に子宮頸がんを患っている。

そして、その後は活動拠点を台湾に移しているので、ぼくのように希良梨って誰? と思う人は案外多いのかも知れない。

しかし、女優や芸能人の人だけでも、これだけ「がん」になる人がいるのだから、2人に1人は「がん」になるとゆうのがよくわかる。
 

希良梨 子宮を取る覚悟を「決めた」 子宮頸がん検診にひっかかる


 
女優の希良梨(35)が24日、ブログを更新し、子宮頸がんの検診にひっかかったことを明かし、「いつかは、癌に進行する前に子宮は取ろうと覚悟は決めてる」との心境を告白した。
 
 Yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000093-dal-ent

 「がん」の再発率とゆうのは、その臓器やステージによっても異なるので、何%と言い切ることはできない。

しかし、一度「がん」になった人は、最低5年は注意しなければならないし、希良梨さんのように15年後かも知れない。

2人に1人が「がん」になることを考えたら、再発するとゆうより常に誰にでも「がん」になる可能性があることを知らなければならない。

 
 カテゴリ