ブロッコリー

ブロッコリーが体にいいとゆうのは聞いたことあると思います。ビタミンCだけでもレモンの2倍ですから美容にもいいですよね。

そして、ブロッコリーには「がん」にも有効な成分が含まれていて、それが、がんに変異しかけた細胞を元に戻してくれるのです。

その成分とゆうのは、MMTS(メチルメタンチオスルホネート)とゆうのですが、この成分はブロッコリーにしか含まれていないそうです。

だったら、もうブロッコリーをひたすら食べようと思ったと思いますが、それが、ただ食べるだけでは、ダメなんですよ。
 

ブロッコリーの食べ方に注意する


 ブロッコリーの食べ方と言えば、ゆでてマヨネーズで食べるのが定番じゃないでしょうか? でもこうすると「MMTS」の効果が得られないのだそうです。

他の野菜もそうですが、熱を加えることで栄養素が壊れてしまうので、「MMTS」を得るには生で食べる必要があるのです。

ですが、ブロッコリーって生では食べれないですよね。出来るとすれば、スムージーにして飲みやすくするとか?

ところが、もっと簡単に「MMTS」を効率よく吸収する方法があるんですよ。
 

スプラウトを食べればいいんですよ


 スプラウト

これはようするにブロッコリーの新芽なわけですが、これにも「MMTS」が含まれていますし、その他の抗がん物質まで含まれています。

これは基本的に生で食べるものなので、それほど違和感なく食べれると思いますし、マヨネーズやドレッシングなどで美味しく頂けます。

また、スプラウトを使ったレシピなども、ネットではたくさん公開されています。自分で育てることもできるよ。

 
 実は、「がん」を予防する可能性のある食品とゆうのは、結構たくさんあるんですよ。

ただ、ブロッコリーが凄いのは、「がん」になりかけた細胞を修復する効果があることなんです。これがブロッコリーにしかない特別なところです。

もしかすると初期のがん細胞を撃退してくれる可能性もあるので、スプラウトを日頃から食べる習慣にしたいと思います。